67. 理念共有の現場で学んだこと

細胞の元気が、仕事の元気!

元気企業コンサルタント 千原康裕の世界観 ブログ

~笑顔で元気に働き、豊かさとつながりを楽しむ大人で世界をいっぱいに!~





「自分を肯定する力」

働く幸せ

「日本で一番大切にしたい会社大賞」受賞企業で

有名な日本理化学工業 会長 大山 泰弘氏の言葉です。


働く幸せとは、


・ 人に愛されること


・ 人にほめられること


・ 人の役にたつこと


・ 人から必要とされること


の4つです。


働くことによって愛以外の三つの幸せは得られるのです。


「その愛も一生懸命働くことによって得られるものだと思う」



諸説ありますが、

「働く」の語源は

「傍(はた)を楽にする」ことだ

と言われております。


「はた」というのは他者のことです。


人から愛され、ほめられ、人の役にたち、必要とされる。


このようなメッセージは、

多くの人の心に揺らぎを与え、


その人の心に

勇気と希望の力を与えると思います。


自分の人生の存在意義、

生きている実感や喜びを感じ、


さらなる成長と貢献欲求が

育まれていくと強く思います。



どんな環境に置かれていても、

どんな現実に直面していても、

自分のことを信じて応援してくれる人がいる。



自分の存在が、

他者から肯定されることの

影響力の強さを訴えております。



この「働く幸せ」をあらわす4つの言葉は、

理念経営を象徴する言葉だと感じております。



理念に込めた純粋な想いを語り掛ける

経営者のメッセージも同様です。


理念経営を志す経営者の多くは、

人生のプロセスで大きな心の葛藤を

経験されている方が少なくありません。


困難な現実と向き合いながら、

その現実を打開するために

自分の存在意義を見つめ直す。


その結果、

理念経営の重要性に気づいた

というお話をよく伺います。


他者からの肯定が先にあるのではなく、

自分のやろうとしていること・していることの

意義を見出し、それを自ら肯定する。


その意義に込めた想いが

きっと他者の役に立つと信じ、決断する。


他者の評価・判断に依存するのではなく、

自分で自分の決断を肯定すること。


ここからすべてが始まる。

『自己肯定力』(セルフエスティーム)

どんな自分も受け入れ、肯定することで、

外側からの評価で揺らぐことなく、

自分軸で自分の価値を感じ、自己承認ができる力のこと。


自己肯定力が高まると、感情が安定し、

何事にも意欲的になり、根本的なところで自己を信頼できるので、

目標や望みの実現を早め、良い結果を受け取り、

自分と同じように人も信頼でき、

人からも信頼されるという構図が出来上がり、

人間関係が格段とよくなる。


全ては人間関係がベースとなるので、

自己肯定感を高まると、人生の質が好転していきます。

(引用:セルフエスティーム普及協会 http://self-esteem.or.jp/



理念経営の目的は、

社員さんをはじめ関わる全ての方がより幸せになることです。


自分の人生をより幸せなものにしていく。

そのために他者に貢献していく。


理念共有の土台に

社員さん一人ひとりの自己肯定力を育むことが、

とても大切だということを現場で学びました。



もし、この記事を読まれるあなたが

理念経営にご関心があるときは、

下記の無料メール講座はいかがでしょうか。



「なぜ本質的な経営改善に、理念経営がベストアンサーとなるのか」

きっとご納得いただけると思います。




【経営者専用無料メール講座】

仕事の生産性や効率、そして社員のモチベーションを高め、

何より会社を『成長』させたい経営者の方へ


理念で経営するとき、

すべてが上手く回り出します。


成長する社長に共通する7つのアクションとは?

あなたをサポートするために生まれたメール講座です。

登録はメアドだけでOK!


あなたのご登録をお待ちしています。

元気企業コンサルタント 千原康裕(ちはら やすひろ)の世界観ブログ

理念経営・健康経営・働き方改革の目的(大元)は、 人々が笑顔で元気、豊かさと人とのつながりを感じて 人生を幸せに生きること。 笑顔で元気に働く大人で世界をいっぱいにします!