63. 社員さんの「仕事の生産性」を高める意外な方法

細胞の元気が、仕事の元気!

元気企業コンサルタント 千原康裕の世界観 ブログ

~笑顔で元気に働き、豊かさとつながりを楽しむ大人で世界をいっぱいに!~




おはようございます!

元気企業コンサルタント

千原康裕(ちはら やすひろ)でございます。


元気ですか!




仕事の生産性を高める。

すなわち、業績や利益がより挙がる。



社長と呼ばれる人は、

常にこのことを考えています。



業績を挙げること=生きること。



そう直感で悟っている

のではないでしょうか。



だから、24時間365日。

常にそのことを考え続ける。



ときに、何ともならん時が訪れます。


しかし、何が何でも何とかする!



そうやって、

何とかしてきた武勇伝を

お持ちの社長も多いです。



あなたもきっと

そんな武勇伝を

お持ちだと思います。



社長と呼ばれる人は、


業績を挙げること=生きること



人生を賭けているので、

肉体的にも精神的にも

無理が効きます。



気力で乗り越えていきます。



今回のお話しは、

何ともならん時に、


実はもっと楽(ラク)に

仕事の生産性を高める

アプローチが

ありますというお話です。




最初、このお話を聴いたとき

私も耳を疑いました。




ホント!?

そんなことで!?



しかし、実感が得られると、


おー・・・

マジか・・・

確かに・・・


と納得し、


実際に、

私もそれで苦しい現実を

打開出来ました。


そんなお話です。





固さを取る



精神論や根性論ではありません。


物理的に

筋肉の固さを取る

というお話です。



おいおい!


仕事の生産性と筋肉の固さ!?


意味不明なことを・・・


軽く失笑気味になりますでしょうか。


私も軽く失笑気味になりました (;^_^A



高いモチベーションを持って、

仕事に励み、

圧倒的な成果を出す。


その原動力は、

本人の気力ややる気、目的意識。



そんなのは本人の姿勢の問題だっ!



私も20年前にそう学びました。




気合を入れると

テンションがあがります。

同時に筋肉が硬直します。




試しに、

「愛想笑い」

してみてください。




「愛想笑い」

です。



・・・



・・・



・・・



・・・



・・・





呼吸、止まっていませんか?





自分で思っていないこと。

望んでいることと違う状態。

ピンチのとき。




人は緊張して、

筋肉が固くなり、

呼吸が止まります。


息をのむ。

あの感覚です。



そのコンディションで、

瞬間的に気力を振り絞り、


奮闘することは出来ますが、

持続力がありません。



疲れ果てます。



それでも、気力を振り絞り、

また奮闘する。



一定水準の結果が出せても、

疲労感に襲われる。



業務効率とは程遠い状態。



何度もこのやり方を繰り返すと



その内、

肉体面・精神面で故障します。


人生を賭けている社長は、

背負っているものもあり、

気力が圧倒的に高いです。



しかし、その社長についていく

社員さん一人ひとりは、

違います。



やる気がない

と言っているのでは

ないっスよ。



背負っているものが違う。


立場が違うのです。



24時間365日、

頑張れる社長も

一緒に働く社員さんも


固さが取れ、

リラックスした状態で


仕事に向かえた方が、

仕事の生産性が高い。


仕事を終えた後の

爽快感が違う。

また、やろうと

次への気力が湧いてくる。




なぜか?




気持ちいいからです。




伝わりますでしょうか。




リラックスした良い状態で

過ごせることは

本能的にも快適です。

体がゆるみます。


微笑みかけるゆとりがもてます。


健康にも良いです。



そのコンディションで、

仕事をする。



リラックスしろ!とか

無意味な精神論ではないっス。



物理的に筋肉をゆるめるのです。




手っ取り早く、


腕、特に二の腕。



足、特にふくらはぎを


揉み倒してみてください。




そして、
ぐーーっと
背伸びしてみてください。


どうですか?



腕と足を揉み倒すと、

体がポカポカしてきませんか。



背伸びをすると、

頭がスッキリして

リラックスできませんか。



この状態。



このコンディションで、

仕事に取り掛かろうとした場合、



スーッと集中して入っていける

感じがしませんか。




困難に直面したとき、

重要な仕事の前、

高い目標に挑戦するとき、


人は緊張します。



自律神経が高ぶり、

筋肉が固くなり、


血管が収縮して、

血液の巡りが悪くなります。


その結果、

ホルモンバランスの影響で


イライラしたり、

漠然とした不安感を感じます。



これは生体反応です。



そんなとき、

全身を揉み倒す。



笑い話のような本当の話。



全身を揉み倒すことで、


筋肉がゆるみ、

骨格のゆがみがとれ、


血管が拡張し、

血の巡りが良くなる。



その結果、

ホルモンバランスが整い

穏やかで良い気分。

さぁ、やるか!

と前向きな感情が湧き出る。



人の話に耳を傾むける

心のゆとりが芽生える。



相手も良い気分だから、

話しかけても良いと言う安心感が

職場の連携をスムーズにする。




理学療法士や整体師、

鍼灸師、メンタルコーチ。


肉体(フィジカル)と

精神(メンタル)サポートの

エキスパートはサラリと言います。



スポーツ選手のパフォーマンスを

考えるとイメージし易いでしょうか。



卓越したパフォーマンスを上げるために

フィジカル(肉体)と

メンタル(精神)を

物理的にケアする。




仕事の生産性を高めるために、


全身を揉み倒す。




意外と思われるかもしれませんが、

成果は折り紙付きです。



頑張れる社長はもちろん、

一生懸命頑張っている社員さんの


仕事の生産性を高めるために

全身を揉み倒す。



是非、

あなたの大切な社員さんに

伝えてみてはいかがでしょうか。



頑張ろう!ではなく、


揉み倒そう! (^_-)-☆




物理的なリラックスこそが

精神的にリラックスを呼び、

仕事の生産性を高めます。




おススメします。




【経営者専用無料メール講座】


仕事の生産性や効率、そして社員のモチベーションを高め、

何より会社を『成長』させたい経営者の方へ


実例多数!やっぱりあった共通点!

右肩上がりの成長企業社長はコレができている!

成長する社長が共通して実践している7つのアクションとは!?

あなたをサポートするために生まれたメール講座です。

登録はメアドだけでOK!


元気企業コンサルタント 千原康裕(ちはら やすひろ)の世界観ブログ

理念経営・健康経営・働き方改革の目的(大元)は、 人々が笑顔で元気、豊かさと人とのつながりを感じて 人生を幸せに生きること。 笑顔で元気に働く大人で世界をいっぱいにします!