61. 社員のパフォーマンスと「社長」の切っても切れない関係性

細胞の元気が、仕事の元気!

元気企業コンサルタント 千原康裕の世界観 ブログ

~笑顔で元気に働き、豊かさとつながりを楽しむ大人で世界をいっぱいに!~





社員が大活躍!


日替わりヒーローが続出!


目を細めて微笑む社長。


社員みんなのパフォーマンスに満足してます!


本当によくやってくれました。


社員に感謝してます!




スポーツ新聞のような見出し。



良いっスね。



こんな歓喜の輪の一員になれていたら、

テンション上がるわー。



おはようございます!



チームスポーツに憧れる

元気企業コンサルタント

千原康裕(ちはら やすひろ)でございます。







パフォーマンスのよい時って、どんな時?


パフォーマンス。


辞書的な意味は様々にありますが、


自分が仕事で活躍し、

成果を出し、

より多くの人から

祝福を受ける。


こんな状態を

日々創り上げていきたいですね。



今日のテーマ、

社員のパフォーマンスと「社長」の切っても切れない関係性




切っても切れない関係性・・・




あなたは、

何か思い当たる節が

ありますでしょうか。




類は友を呼ぶ。


全ては写し鏡。


原因と結果の法則。



心理学めいた表現も耳にしますが、



元気な人の周りには、元気な人が沢山いて

活気に満ちて盛り上がっている。



病気がちの人の周りには、病気がちな人がいて

あそこが痛い、ここが痛いと話し合っている。



妙に納得してしまいます。



パフォーマンス。



いわゆる仕事の調子、

パフォーマンスがよい時って、

どんな気分でしょうか。




結果がついてくる満足感。


結果を祝福してくれる人の存在。


自分の役割や居場所を感じる自己効力感。



おー!俺、役に立っているぜー!

みたいなノリノリなお役立ち感。



自然と感謝の言葉が出てくる・・・

みんな!ありがとうっ!



自分一人だと、

ここまでテンションが

あがらないと思います。



達成感や安堵感はあれど、


喜びや満足感は

そんなに長く続かない

と思います。



どう感じますでしょうか。




一方、


自分のためはもちろん、


「誰かのために」が加わると、

人は途端に強くなれる。

否定されても、「誰かのため」を

やる理由に持つ人のたくましさ。




喜びを分かち合いたいと思う人、


幸せにしたいと思う人、


貢献したいと思う人


恩返ししたいと思う人が、

いるからこそ、


いつも以上に頑張れてしまう。


一人ではない、

誰かとの関係性において、


テンションは

上がったり、

下がったりする。



やったー!と

何かを成し遂げたとき、


祝福してくれる人がいると

血流ドバドバ、

テンションMAXで

歓喜を爆発させられる。






目標を達成しても、


シーン・・・


周りが無反応で静まり返っていたら、


喜びも消し飛び、

むしろバツが悪い感覚を覚える。



自分と誰かとの関係性において、

どちらにも成り得る。



伝わりますでしょうか。



結果が出ないと

調子が良いとは言えない。


言えるはずがありません。



結果が出ていても、

喜びを分かち合える人が居ないと

調子が良いとは言い切れない。



パフォーマンスが良いと感じるときって、

自分のコミットは土台になりますが、


コミットして成し得た結果とプロセス、

そのプロセスに関わる誰かの存在。


その誰かという存在と

自分との関係性が、

大きく影響すると感じています。



イメージ伝わりますでしょうか。







社員(相手)のパフォーマンスを高めるためには



気分のよい人のそばに居ると、

リラックスできます。



イライラしている人のそばに居ると、

緊張します。




場の空気感は、


エネルギー(機嫌)の


強い方に支配される。





イメージ伝わりますでしょうか。





スポーツ選手が試合前に

リラックスを大切にする。


コーチや監督が

選手のパフォーマンスを

最大限に引き出すために


選手を笑顔で見つめ、

それまでにやってきたことの

すべてを肯定し、


勇気づける。



選手はリラックスして、

より良い気分で試合に臨む。



応援してくれる人に感謝して、

試合を精一杯楽しむ。

試合後、

支えてくれた皆さんのお蔭ですと、

インタビューで答える。



こんなシーンみたことありませんか。




場の空気感は、

エネルギー(機嫌)の

強い方に支配される。



緊張は瞬発力は出ますが、

固さも出ます。


リラックスは、

柔軟性をもたらします。



厳しい表情は、

相手に緊張を与えます。


柔らかな表情は、

相手にリラックスをもたらします。



人が本来のパフォーマンス

を発揮するためには、


より良い気分、

より楽しい気分、

より満たされた気分


でいることが重要。



これらの気分の土台となるのが、

リラックスだと

学びました。




リラックスは、


楽しめますし、

気分も良い。



緊張は、


固くなるし、

しんどい。




イメージ伝わりますでしょうか。






あなたが良い気分でいることが、最も重要


社業の発展

家族の幸せ

社員の幸せ

お客様の幸せ

社会の幸せ



人を率いる立場の社長が

背負っているもの。


担っている責任は、

その立場になってみないと

分からないくらい大きなものです。



それだけに、

緊張やプレッシャーを感じることも

多々あるかと思います。



それでも、頑張れてしまう人。


自分のことより、

周りの人を優先できてしまう人。



スゴイっスね。




その厚意は、

多くの人に伝わっていると思います。



そんな頑張れてしまう社長だからこそ、

お伝えしたいのは、


「あなたがより良い気分でいること」




気分の良い人のそばに居ると、

リラックスできます。



リラックスは、

パフォーマンスを向上させます。



それを、

社長であるあなたは、

これまでも周りの人に

してこられたと思います。



どんなに疲れていても。

どんなにしんどくても。


あなたが

社員さんやご家族にしてこられた

優しさを自分に向けてみませんか。








良い気分でいるには、どうしたら良いか?


自分を優しく丁寧に労わるのです。



心理的にもそうですが、


肉体的・物理的に

心身を丁寧に労わることをおススメします。



スポーツ選手が試合や練習の後、

コンディションをケアするように。


疲労した

フィジカルとメンタルをケアする。




整体でも温泉でも、

旅行でもステキな食事でも。

スポーツや趣味に没頭するでも。



あなたがより良い気分でいることで


あなたの厚意が

相手により受け取りやすく

受け取ってもら得ると思います。





なぜか?





あなたがリラックスして

より良い気分でいるからです。



社長がより良い気分でいると、

職場の雰囲気はどんどん温まっていきます。



社長がより良い気分でいると、

社員さんはのびのびと

パフォーマンスを発揮されます。



社長がより良い気分でいると、

社長ご自身が健康長寿で

元気にパフォーマンスを発揮されます。



元気な人の周りに、

元気な人が集まってきます。




元気な人が

ステキなパフォーマンスを発揮し、


そのパフォーマンスを元気な人が祝福し、

みんなで盛り上がっていきます。


チームにさらなる勢いをもらたします。





その大元は、
社長の元気です。


社長の元気が、

社員さんのパフォーマンスに

大きな影響を与えます。



元気でいるために頑張るのではなく、


既に頑張っている

あなただからこそ、

自分を優しく丁寧に労わる。




メンテナンスです。



ピットインです。




よりステキな関係性の中で、


社員さんが

最高のパフォーマンスを発揮するために


あなたが良い気分でいることが、

最も重要だと考えます。



あなたがよりリラックスした

良い気分でいるために、


自分を優しく丁寧に労わる



おススメします。





【経営者専用無料メール講座】

仕事の生産性や効率、そして社員のモチベーションを高め、

何より会社を『成長』させたい経営者の方へ


実例多数! やっぱりあった共通点!

右肩上がりの成長企業社長はコレができている!

成長する社長が共通して実践している7つのアクションとは!?

あなたをサポートするために生まれたメール講座です。

登録はメアドだけでOK!





元気企業コンサルタント 千原康裕(ちはら やすひろ)の世界観ブログ

理念経営・健康経営・働き方改革の目的(大元)は、 人々が笑顔で元気、豊かさと人とのつながりを感じて 人生を幸せに生きること。 笑顔で元気に働く大人で世界をいっぱいにします!