54. 社員のモチベーションは社長のやる気と反比例!? がんばらない社長が社員を育てる

細胞の元気が、仕事の元気!

元気企業コンサルタント 千原康裕の世界観 ブログ

~笑顔で元気に働き、豊かさとつながりを楽しむ大人で世界をいっぱいに!~






「社員のモチベーションは社長のやる気と反比例するの!?」

もっと頑張れよ。

やる気あんのか。

モチベーション上げろよ。



おはようございます!

得意の怒りモード、

体育会出身の

元気企業コンサルタントでございます。



いや~、朝から胃が痛くなる

華麗な言葉の数々・・・


スンマセン m(_ _)m



社長って、やる気のある人ですよね。

社長って、頑張る人ですよね。


社長という役割、担っている責任。


自分の意志で生きると決め、


家族のために

社員のために

お客様のために


会社を発展させると決意し、

期待と不安が入り混じる日々・・・


そりゃ頑張りますよね。


頑張りたい理由がたくさんあるから。


自分が頑張っている時、

頑張っていない人を見ると・・・


・・・・


・・・・


・・・・(怒)

分かりますよ、その気持ち。



もっと頑張ろうぜっ!

と言いたくなります。



でも、

人から頑張ろうっ!

と言われた瞬間、


軽く緊張感を覚えるのは

なぜなんでしょうね。


肩に力が入り、

首が固くなるあの感じ・・・



頑張れっ!

やる気だせっ!

と言われれば言われるほど



反比例して

モチベーションが下がっていく。

緊張感ばかりが高まっていく。



社長って、やる気のある人ですよね。


社長って、頑張る人ですよね。


だって、経営者だから。



お・・・おうっ!

そうともよ!



体は素直ですね。



緊張すれば固くなり、

リラックスすればゆるむ。


決めつけられると

不快で

縛られた感じがする。


大切にされると

快適で、

のびのびした感じがする。



宿題やったのか?

今からやろうと思ったのにっ!



過去に体験した

あの感じ。






        

「がんばらなければ いけない」は、苦しい
 
「がんばりたい」は、楽しい

緊張すると、体は固くなります。

リラックスすると、体はゆるみます。



スポーツ選手を見ていると

よくわかります。


絶対勝つ!と気合を入れている選手は

緊張で固くなり

ミスを犯します。


どこか苦しそうです。



試合を存分に楽しもうとする選手は

リラックスして

本来のパフォーマンスを

のびのびと発揮します。


とても楽しそうに見えます。


見ている側も、

後者のパフォーマンスの方が

楽しんで見ていられます。



なんとなく伝わりますでしょうか。



がんばることで、報われる。

がんばることで、喜ばれる。

がんばることで、幸せになれる。


これ、正しいと思います。

しかも、美しい。



真面目で素直、

一生懸命に働く大人にとって、


特に昭和生まれの社長にとって、


「頑張る」は、

基本設定のような気がします。




楽しいか、苦しいか。


大切な判断基準だと思います。






「がんばらないって、なんだ!」

がんばりたい時って、

楽しいイメージがあります。


がんばらなければ いけない 時って、

苦しいイメージがあります。



楽しいイメージの時、

がんばるっていう意識は

どこかに吹き飛んでいる気が

しませんか。



苦しいイメージの時、

がんばるという意識は

プレッシャーが

重くのしかかってくる

感じがしませんか。



頑張るよりも、楽しむ。

楽しむための

強力なキーワードが、


「楽(らく)をしよう」です。



楽(らく)をしましょう!

と聞いて、

どんな感じがしますか?



楽(らく)をしては いけない

とつぶやいていますか。


そうつぶやいたとき、

体のどこかに緊張感はありませんか。


燃えているときは、

ある程度大丈夫だと思います。

ですが、そのうち疲れてきます。


瞬発力は出るかもですが、

持久力がありません。





もっと楽(らく)をして良いんだよ!

と言われた時、


体のどこかがゆるみ

ほっと安心感を

感じることは出来ますか。

仕事が楽(らく)になったら、

どんな感じがしますか。


楽をして、

今まで以上に成果や利益が出たら

どんな感じがしますか。


きっと体がゆるんでいると思います。


リラックスして、安心感に包まれ、

楽しい気持ちになっていると思います。



楽(らく)だなぁ。

楽しいなぁ。


そんなつぶやきが出てきたら、

嬉しいですね。



そんな状態を

実現するために

どうすれば良いか?




楽(らく)をしようと考えるのです。


楽しもうと考えるのです。

今、世の中で売れている商品やサービスは

良いものではなく、

楽(らく)・楽しいものばかりです。



暮らしをめちゃくちゃ楽にしてくれた

ITやPC・スマホ。

ネットのサービスやゲーム。


ディズニーにUSJ。

アップルやハーレーダビッドソン。


旅行やグルメもファッションも。



どれも楽(らく)で、

楽しいものばかり。



あなたが提供する商品やサービスも

きっと世の中を楽(らく)で

楽しく快適にするものだと思います。



もっと楽(らく)して良いんだよ。

もっと楽しんで良いんだよ。

そう言われた時、

体育会出身の私は

衝撃を覚えました。



楽(らく)をして良いんですか?



良いんです!(川平慈英さん風)



あなたはどう感じますか。






「がんばらない社長が社員を育てる」

あなたは、

どんな人に憧れますか?


あなたは、

どんな人に魅力を感じますか?


楽しそうに人生を生きている人

苦しそうに人生を生きている人



いつも嬉しい・楽しい・幸せと言っている人

いつもグチ・泣き言・文句を言っている人



どちらの人といると、居心地が良いですか?

どちらの人といると、リラックスできますか?

どちらの人といると、楽しい気持ちになりますか?



体の反応は正直です。




やると決めた仕事。

やらなければならない仕事。


これを

どう楽しむか。


どう楽(らく)をして成果を出すか。



それを考える。

考えて実行する。

その考えを仕組みにする。

その考えを商品やサービスにする。


それを考えている時って、


楽しくないっスか?

ワクワクしませんか?

表情がゆるみませんか?

笑顔になりませんか?



人類は、

そうやって繁栄してきた

と思います。



がんばらないで、

楽(らく)をして

楽しそうに仕事をする

社長の背中を見て、


社員さんは、魅力を感じ、

感化され、真似をしようとします。



だって、楽(らく)じゃないスか!

だって、楽しいそうじゃないスか!



「北風と太陽」という

寓話をご存知ですか。


旅人のマントを脱がすためには、

冷たい北風よりも、


温かな太陽の日差しの方が

良いという話。



がんばらない社長が、社員を育てる。


楽(らく)をする社長が、社員を育てる。



がんばるは、反比例。


楽(らく)・楽しむは、正比例



伝わりますでしょうか。





私が尊敬する経営者さんの言葉をシェアします。




ええ加減が、いい加減やねん!

社長! 楽(らく)をしましょうー!





【編集後記】

お世話になり、

影響を受けたステキな経営者さんたち。


ある方がおっしゃっていました。


社長が輝けば、社員も輝く。


写し鏡だよ。


社員を、「Shine」(輝き)へ。


おー・・・ ステキな響きだ!





【経営者専用無料メール講座】

仕事の生産性や効率、そして社員のモチベーションを高め、

何より会社を『成長』させたい経営者の方へ


実例多数!やっぱりあった共通点!

右肩上がりの成長企業社長はコレができている!

成長する社長が共通して実践している7つのアクションとは!?

あなたをサポートするために生まれたメール講座です。

登録はメアドだけでOK! 






元気企業コンサルタント 千原康裕(ちはら やすひろ)の世界観ブログ

理念経営・健康経営・働き方改革の目的(大元)は、 人々が笑顔で元気、豊かさと人とのつながりを感じて 人生を幸せに生きること。 笑顔で元気に働く大人で世界をいっぱいにします!