私の世界観 11.「理念経営」との出会い

細胞の元気が、仕事の元気!

元気企業コンサルタント 千原康裕の世界観 ブログ

~笑顔で元気に働き、豊かさとつながりを楽しむ大人で世界をいっぱいに!~



前回の記事はこちら

⇒  私の世界観 10.経営のやり方が分からない!経営塾へ参加



おはようございます!

元気企業コンサルタントの

千原康裕です。



社長である父の会社を継ぐために

修行に入った私。


漠然と考えていた社長像。


先輩経営者の勧めもあって

経営塾に通い始めます。



そこで、

自分の職業観・人生観を

根底から覆す概念

と出会います。




今日のテーマは、

「理念経営」との出会い

をお送りいたします。





安全靴を履き、

作業着を着て、


日々油まみれで

機械を回し、


叱られながらも

修行の日々。



先輩経営者に紹介して頂いた

経営塾へ参加します。



作業着から

(ナッパ服と呼んでいました)


スーツに着替え

いざ出発!


おー!気合入るなー!

ドキドキしながら

会場に到着。


塾生と呼ばれる

同期?の経営者の方々と

ご挨拶。



創業者の方。

後継者の方。(2代目 3代目 4代目)


なんか皆さん

凄そうな感じです。



塾主と呼ばれる先生が現れ

経営塾がスタート!



穏やかに自己紹介もしつつ、


初めて聞く言葉に

出会います。




経営は全てにおいて
「理念」が大事。

???


理念?


なんすか?それ?




経営(仕事)は、結果が全て。

業績を出すこと。

一番になること。


それ以外に

なんかあるんですか?


と、生意気にも

私は発言します。


今思えば、

なんて厚顔無恥で

無謀なことを・・・(汗)


弱いくせに

無理して遠吠えして・・・


アホです。(泣)


同期塾生の

社長さん方は

失笑気味・・・


ある先輩経営者さんに

言われました。



「君はとても品のない子だねぇ。」

はぁっ?
っとキレ気味の私。

(はい、私は敬愛するお父様の子です)



「一番になって何がしたいの?

 業績を挙げて何がしたいの?

 お金持ちになって何がしたいの?」


と矢継ぎ早に質問をされました。


一番になって何がしたい???

業績を挙げて何がしたい???

お金持ちになって・・・???

・・・???

・・・???

・・・???

何も答えられませんでした。


当時、

20代後半であった私にとって、


仕事とは結果を出すもの

業績を挙げてこそ意味がある


やるからには一番になる

会社をでっかくすること


これがすべて。


これが、ゴールだと思っていました。



ですから、

それで何がしたいの?

と聞かれても


一切答えることが

出来ませんでした。



慌てふためきながらも、

自己防衛反応的に

私は逆質問しました。



それでは、


あなたは
なんのために会社を
経営しているのですか?



すると先輩

経営者さんは


穏やかな表情で

答えてくださいました。


「私はねぇ、


 仕事は
 人を幸せにするためにするもんだと


 この経営塾で学んでいるんだよ。


 目の前の人を幸せにするために

 自分の出来る事でお役に立つ。


 それが喜んで頂けることならば、

 相手は感謝の念と共に

 お金まで支払ってくださる。


 こんなステキなことないよね!


 だから、私はこの経営塾に来て

 自分は何のために

 会社を経営しているのか?


 そして何を叶え、

 それを誰と

 どう分かち合いたいのか? 


 その「やる理由」を再び明確にして


 一緒に働いてくれる社員さんと


 その「やる理由」を分かち合いたいから

 

 この経営塾に来ているんだよ。」





!!!!

私の体に

衝撃が走りました。



「仕事は人を幸せにするためにするもんだ」



商社時代は、

売ってこい!

の世界。


営業は断られてからが始まり・・・

月末に在庫を押し込む・・・

セールスキャンペーンでトップを狙う・・・


その都度、

お客様のバイヤーさんに

お願いする。


相手の都合よりも

自分の都合。


なんどもお願いすれば、

当然嫌がられます。


気合で行動するも

結果を出しつつも


このテンションで

一生働くのは


シンドイなぁと

感じていました。



なぜか?


嫌がられるからです。



結果を出さないと・・・

でも、嫌がられながら一生働くのか・・・


暗にそう感じていながらも、

頑張らなければ!との想いで

無理の遠吠えしていたのです。



その経営塾には、

そんな方は

お見えになりませんでした。


穏やかで

温かく

時には熱く

人を慮る方々ばかり・・・


皆様、

幸せそうに

業績を挙げていらっしゃる・・・



そんな先輩経営者さん方の

象徴的な口ぐせは、


・おかげさま


・ありがたい


・社員のみんなが良くやってくれている


・私なんて大したことないですよ





おー、
なんてかっこいいんだ・・・

君は品のない子と言われた

恥ずかしさも吹き飛び、


その世界観・考え方に

魅了されました。



「仕事は人を幸せにするためにするもんだ」



自分の出来る事で

人の幸せに貢献し、

喜んで頂けるのならば、

一生それをやっていきたい。


それまでの

職業観

人生観が

180度シフトしました。



「理念経営」とは

そういうことか!!!!


喜ばれて生きる人生・・・

なんてステキなんだー!



相変わらず、

社長である父は

「へんなとこ行ってんじゃねぇー!」

怒り狂っていましたが・・・



職業観

人生観が

180度シフトし、


絶対「理念経営」に取り組むぞ!


と決意した

記念すべき日になりました。



ほどなくして、

とんでもない出来事が

起きることを知らずに・・・



つづく。




次の記事はこちら

⇒ 私の世界観 12. どうしよう、どうしよう、どうしよう!!!


前回の記事はこちら

⇒ 私の世界観 10.経営のやり方が分からない!経営塾へ参加

元気企業コンサルタント 千原康裕(ちはら やすひろ)の世界観ブログ

理念経営・健康経営・働き方改革の目的(大元)は、 人々が笑顔で元気、豊かさと人とのつながりを感じて 人生を幸せに生きること。 笑顔で元気に働く大人で世界をいっぱいにします!