元気企業コンサルタント 千原康裕(ちはら やすひろ)

元気企業コンサルタント
iPSR株式会社 代表取締役 千原康裕(ちはら やすひろ)

http://ipsr.co.jp/)


働く人と組織の仕事の生産性を高めるために
体質改善を起点に、細胞レベルで元気にする
お手伝いをしております。

~細胞の元気が、仕事の元気~

理念経営・健康経営・働き方改革の目的(大元)は、
人々が笑顔で元気、豊かさと人とのつながりを感じて
人生を幸せに生きること。

次の時代を担うこどもたちへ
笑顔と元気、豊かさとつながりのバトンを渡すため、

今、働くおとなが
笑顔で元

記事一覧(78)

71. 社員の帰属意識をどう高めるか?

細胞の元気が、仕事の元気!元気企業コンサルタント 千原康裕の世界観 ブログ~笑顔で元気に働き、豊かさとつながりを楽しむ大人で世界をいっぱいに!~日々、経営者の方とお話をしている時に話題にあがるものがあります。それは今日のテーマ『社員の帰属意識をどう高めるか?』です。社長であるあなたは、社員さんの帰属意識を高めるためにどんなことを大切にされていますか?『帰属意識』の意味を調べると以下のようにありました。----------------------ある集団に自分が属している、その集団の一員であるという意識----------------------また、『意識』の意味を調べると----------------------物事に気づくこと。また,その心。感知。知覚----------------------とありました。それでは『意識が高まる』とは、どんなときに起きる現象なのでしょうか。人は大きく分けて、二つの視点からしか行動しないと言われております。それは、快か?・不快か? の二つです。その物事が自分にとって「快」をもたらすものか。もしくは、「不快」をもたらすものか。人は物事を見た瞬間、本能で瞬時にそれを感情として感じ取ります。意識より先に感情が発火します。